FC2ブログ

デミオのハンドルをばらしてみました。ヘッドライト不良のため。

handle2013-1.jpg 我が家の愛車、デミオちゃんの、ヘッドライトがつかなくなった! ポジションランプはつくのに、ロービームやハイビームにしても、ポジションランプのまま。 でも、たまに、つく。30回に1回くらい、ついたり、つかなかったり。 リレーの可能性もあるけど、たまにつくのなら、レバースイッチの接触不良かなと思い、電気修理好きの虫が騒ぎ、レバースイッチの分解を試みることにした。 まずは、ハンドルを外すのだが、そのときのエアバッグの誤動作を避けるために、バッテリーのマイナス側を端子から外した。
handle2013-2.jpg ビス2本外せば、ハンドルからホーンスイッチ兼エアバッグの部分を外せる。衝撃を与えて誤動作しないように、慎重に。外すと、こんなんなんですね。初めての景色。
handle2013-3.jpg そこからハンドルを外すまでが、けっこう大変だった。なにしろはじめてだし、説明書もなく、ウェブの情報だけが頼り。あるサイトには、長年ハンドル周辺をを分解していない場合にはハンドルが固着しているので、ある程度力ずくでとる必要があると書かれていた。そこで、関係ありそうなビスをはずしてから、ハンドルの後ろから布をあててハンマーで軽く叩いてみたり、ハンドルを前後にゆすってみたりした。なかなかとれない。さらにゆする。かなりのパワーでユサユサと前後にゆすったら、突然外れた。やったー!
handle2013-4.jpg そこまでやれば、レバースイッチだけをはずして部屋にもってくるのはわけなかった。
handle2013-5.jpg ヘッドライトのレバースイッチと、ワイパーのレバースイッチが、1つのユニットになっていたのでした。
handle2013-6.jpg ここがヘッドライトのレバースイッチの心臓部。観察するほどに、小さいけど、よく設計された部品だなあと感動。途中で部品の一部が外れてしまい、元々どっち向きについていたかを見失ってしまった。「まずい!元に戻せるだろうか」とあせるが、油のヨゴレ具合とか部品の動きを観察し、たぶんこうだろうという向きに取り付けてみた。それから、そもそもの目的であった、ヘッドライト点灯にかかわる接点を見つけ、少しのヨゴレがあったので、磨くことができた。

それから全てを元に戻して、いざ、エンジンをかけ、ヘッドライトを付けてみると・・・直ってはいなかった。

今までどおり、ロービームやハイビームにしても、ポジションランプだけがついたまま。

でも、現状復帰はできたということで一安心。さっきわからなくなった部品の取り付けの向きもあっていたようで、ヘッドライトのレバースイッチの3段階切り替え(パッシングとハイビーム)がちゃんと働いていた。よかった。

結局、お店にもっていき、原因は、リレーとヒューズでした。それを交換して、無事点灯。工賃込みで2500円ほどで済んだのでした。

でも、おかげでいい経験をできました。ハンドルを分解して元に戻すなんていう体験、なかなかできませんから。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

painterfc2

Author:painterfc2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR