FC2ブログ

ふたご座流星群、独りツアー、二夜連続



 ふたご座流星群が今晩くるらしい、と、聞いたのが、12月14日金曜日。夜に帰宅したのが12時半だったが、急に思い立って、流星群を見に行くことにした。

どこにいこうか迷ったあげく、とりあえず、横浜の四季の森公園へ。公園に入ると、まわりにまったく照明がなくなるので、いいかな、と思ったが、やはり、都会の空は明るいのだ。星そのものが、数えられるほどしか見えない。1個だけ流れ星らしきものを感じたが、これではちょっと物足りなさすぎる。

 そこで、また車に乗って、そのまま保土ヶ谷バイパスから東名に乗って厚木で降りて。そのまま宮が瀬ダムへ車を走らせた。そこから大山のヤビツ峠の方面へ走った。そのへんになると、だいぶ、町のあかりもみえないし、街灯もすくなくなる。そして、もう夜2時なのに、車を止めて車内から星をながめている家族連れの方を何家族かみかけた。小さい女の子を連れている人もいた。いいお父さんですね。

 ボクも、どこで見ようかなと探しながら走った。そのあたりは、ローリング族の名所になっているらしく、時々、レーサーのごとくものすごいスピードで山道を走る車がいた。星を見るのにいい場所で車を止めてみていたら、遠くからヴヴヴヴと音が聞こえ、その音はだんだん大きくなり、ボクのすぐ横を轟音をたてて、光のスピードで、車が過ぎていった。カーブなのにあんなにスピードをだして。対向車がきたらどうするんだろう。まあ、心得てるんだろうけど。その車は何度もいったりきたりしていて、彼が通るたびヒヤヒヤした。

 その場所で、空をみていた。空は、快晴。そして、さすがに山の中だけあり、都会でみるのと星の数がぜんぜん違った。数え切れない星が、プラネタリウムのように、空を埋め尽くしていた。そしてそして!! 1分みていれば、ひとつは星が流れた。おおー。来てよかった。「あ、流れた」と一人つぶやいていた。だれか一緒ならこの感動を分かち合えるのにな、と少しさびしくなったり。

 そしてある時、強い光の星がツーーーーーーっと、空から地に落ちるように流れた。美しかった。

 さらに良い場所を求めて、ゆくと、本当に細い道になってきた。もう、向かいから来たら、すれちがえる場所までバックしなければいけないほど。そういうことは2,3回しかなかったけど。

 ものすごい山奥なのに、こんな時間に、やはり車がけっこう走っていた。みなきっと目的は同じ。

 止まれるよさそうな場所をみつけては、窓をあけてエンジンを切って、窓に頭を乗せて空をながめた。どこで見ても、1分にひとつは星が流れるので、もう、流れ星をみても驚かなくなってきた。

 ある場所で、空を見ていたら、大きな星がスッと流れて、パッと消えたあと、その星がたどった軌跡に星のしっぽが、キラキラキラっときらめいて、すっと消えた。これが、今晩見た中で一番感動した。

 そのまま秦野市に抜けるころには、空は明るくなりはじめていた。国道246号に乗ったのだが、眠気が一気に襲ってきた。沿線の吉野家の駐車場に車を止め、眠りに落ちた。

 1時間ほど眠って、焼肉丼を食べて、帰宅した。

 急に思い立って行った一人旅、本当によかった。



スポンサーサイト



プロフィール

painterfc2

Author:painterfc2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR